育児休暇中にすべきこと

女性の社会進出が急速に進み、女性が会社において重要なポストに付くこともありうる時代がやってきました。
しかし、女性の社会進出の足かせとなっているのが妊娠や出産なのです。
妊娠や出産で仕事にブランクが空いてしまうことから、重要な役職に付かせてもらえなかったり、重要な仕事を回してもらえなかったりするのです。
そんな職場の問題を改善させようという動きが産休や育児休暇など出産や育児に関する休暇です。
産休や育児休暇は、休暇が終わった後に職場へ戻ることを前提として与えられる休暇なので、休暇が終了したら職場へ戻る必要があります。
ですから育児休暇中に職場へ戻れる体制を整えておかなくてはなりません。

そこでまず問題になるのは仕事をしている間の子供のことです。
育児休暇は子供が1歳半くらいまでには終了してしまいますから保育園や託児所、親戚など、自分が仕事をしている間子供を面倒見てくれる人を探しておかなくてはなりません。また、子供は環境には意外と敏感です。
乳児期の赤ちゃんでさえ、お乳の味が変わったり、哺乳瓶の口が変わっただけでミルクを飲まなくなってしまうということもあります。
預かる場所にあわせて赤ちゃんを環境に合わせてあげることも大切です。
また、出産後の妊婦は体が非常に繊細になっています。
少々のことで病気になってしまったり、感染症にかかってしまうこともあるので職場職場復帰するまでに自分の体調などを整えておくことも大切です。
女性にとって非常に長い仕事とも言える出産や育児と仕事を両立させるためにも育児休暇を有効に活用しましょう。

※育児休暇取得を考える方にオススメ>>>『女性のための育休支援協会

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です