地域の育児サポートを活用しよう

仕事をしている女性が妊娠や出産の際に取得できる産休や育児休暇。
今では中小企業などでもほとんどの企業が産休や育児休暇を取得できるようになっています。
産休や育児休暇の期間中は集中して子育てに望むことができますが、いざ仕事が始まると子供は自分以外の人に預けて仕事をしなくてはいけませんので、育児休暇中に預かるための準備をしておく必要があります。
子供は非常に繊細です。
環境が変わることで熱を出したり、風邪を引いたりしてしまいがちです。
しかし、そのたびに母親が会社を休むわけには行きません。
そこで病気の子供を預かってくれる病児保育や、家族や親戚も子供を預かることができないときなどにはファミリーサポートを利用するなど、地域の資源を有効に使うことも大切です。
育児は夫婦二人で行うものですが、共稼ぎの場合は特に夫婦二人だけではカバーできない場合も多く、そういったときは他の人の力を借りなくてはいけません。
今では共稼ぎ世帯のために、地域が一丸となって、育児をサポートする団体や、そういったことを仕事にしている会社などもあります。
そういった社会的な資源を上手に活用することで、共稼ぎ夫婦ではなかなか手の届かないような育児を行うことができます。
自分以外の人に子供を預けるのには抵抗のある場合もあるとは思いますが、共稼ぎである以上は子供は親以外の誰かが面倒を見なくてはならないので、地域の協力も非常に大切になります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です