保育園・託児所の選び方

産休や育児休暇は働いている女性が出産や育児のときに取得することができますが、産休や育児休暇が明けると職場へ復帰することになります。
職場へ復帰するとなると一番気になるのが子供のこと。
子供は誰かが面倒見なくてはなりませんから、親戚や地域のサポートなどがなかなかない場合は保育園や託児所などを活用することになります。
近年では女性の社会復帰を応援するための一環として、女性が多い職場や看護師などの夜勤などもあるような職場では、母親が働く環境に合わせて子供を預かることができる託児所が職場内や職場の近辺に作られることも多くなってきました。
託児所だと赤ちゃんに何かあっても母親も直ぐに駆けつけることができますし、何より、職場の勤務状況などを理解した上で預かってくれるので、ある程度の熱くらいなら母親の仕事が終わるまで面倒を見てくれる場合もあります。
しかし、そういった託児所がない職場の場合は保育園に預けることになります。
田舎の場合は子供も少ない上に働いている母親も少ないので、保育園も直ぐに入ることができるところが多いですが、都心部になると働いている母親も、預かる子供も多いので待機児童といって保育園に入れない子供も多いです。
子供が保育園に入れないために仕事に集中できなくなることを避けるためにも、なるべく早めに保育園に申し込んでおくようにしましょう。
保育園の中には24時間保育や一時保育、病児保育など色んな特色のある保育園もあります。
自分の仕事の状態や子供の健康面などを良く考えて、自分や子供にあった保育園を探すことが大切です。
母親の社会復帰後も子供がすくすく成長し、母親が安心して仕事に集中できるようにするためにも保育園や託児所選びは慎重に行いましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です